<< 咳をしても一人 | main | gdgdと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
Because it's there.




「なぜ、あなたはエベレストを目指すのか?」
かの有名な英国の登山家、マロリーは言った。
“Because it's there.”
――そこに山があるからだ。

と、言うわけで、秋の遠足。
日本百名山にも数えられる開聞岳(別名:薩摩富士)に登ってきました。


冒頭のマロリーの引用に深い意味はないです←
さきの文化祭で上映した映画にこれのパロディのようなものをネタとして入れて、ちょっと思い入れがあったのでなんとなく。

標高924m、始まった時はなぜかすごいハードに感じて
登りきるの相当きつくね!? とか思ったものの
終わってしまえばそこまで疲労困憊ってほどではなかったですね・・・
ただ岩場のところなんてかなり急だったのは確かで、
これ落ちたら普通に死ぬかもなんて思うところもありましたが(苦笑
足場不安定と言うか、高いところ、やっぱそんな得意じゃないです

まぁしかしあれほど狭いほとんど一本道の登山道
そして岩ばかりでレジャーシート一枚ひくこともままならない山頂
そこを200人以上が同時に登ろうってんだから混雑しますよね、特に頂上。
自分はカメラ持っていかなかったんですが、
かろうじて何枚か友達ので写真撮ったんでそのうち貰っておくことに。

見晴らしは確かによかったです
天候がギリギリまで雨天中止を匂わせるような微妙な具合で、
実際上る間も霞がひどかったのですが、下山中は晴れてわりと綺麗に見えました
山の空気もすがすがしかった・・・

もう一度登りたいかと聞かれたら、うぅむ…ってなりますけどね((


登山上がり、解散後に応援団御用達の衣装屋に出向いてきました。
Tシャツのデザイン考えなきゃいけないんですよね〜
どうしましょ
図形描画のセンスはないと自負してるんですけど()


来週は初の国数英社4科目での模試。
現段階での力でがんばります。。。

カテゴリ:School Events | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 22:16 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://arotylog.jugem.jp/trackback/194
トラックバック